種崎敦美はコミュ障でも演技力は天才!女性版山ちゃんと言われる!

種崎敦美はコミュ障でも、演技は天才!女性版山ちゃんと言われる!声優

「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」のダイや「SPY✖️FAMILY」のアーニャ・フォージャー

など多くの作品で活躍している種崎敦美さん。

実は種崎敦美さんがコミュ障と言われています。

声優であればコミュニケーションが長けていると思われがちですが、

種崎敦美さんはコミュニケーションを取ることが苦手だそうです。

そんな種崎敦美さんではありますが、演技力がずば抜けていると言われています。

今回は種崎敦美さんのコミュ障についてやそのエピソード、演技力に関して調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

種崎敦美は人見知りでコミュ障だった!

種崎敦美さんは自分が人見知りであることを公言しており、それを知っているファンも多くいるそうです。

声優さんの中にも人見知りの人がいて、会話が弾むぐらい盛り上がることもあるそうです。

根本的な性格は静かめ性格だと思われるため、決して友達と騒ぐタイプではなさそうですね。

そんな種崎敦美さんのコミュ障に関して共感を得る人が多く、そのキャラクターが好きな人が続出しているそうです。

種崎敦美さんのコミュ障はラジオを聞いた人からの意見が多いですね。

ラジオを聞いた人からは「好感を持てる」「すっとおどおどしてて、大好きになっちゃった」などの声があり、

小動物系の女子のような感じがしていいですね。

そんな種崎敦美さんのコミュ障はラジオ以外にどんな時に見れるのでしょうか?

スポンサーリンク

種崎敦美のコミュ障エピソード

種崎敦美さんのコミュ障エピソードとして

youtubeにあるので一部紹介していきたいと思います。

まずは下記の動画をご覧ください。

動画内の種崎さんの印象はどうだったでしょうか?

確かに言葉を話すよリも手で何かを表現することが多い印象であったり、

ユーモアなど曖昧な言葉で表すのが苦手だったりと

多々周囲との温度差を感じる場面があったと思います。

しかし、コミュ障というよりも周囲に注目されることが苦手なんだなって思う場面もありますね。

それは仮面をつけて話す場面や会場の裏で話す場面と人前で話す時の話し方が急に変わるので

コミュ障というよりも人見知り要素が強いと思われます。

そのため、個人的には人見知りで恥ずかしがり屋な人なんだなという印象がありますね。

スポンサーリンク

種崎敦美は演技力が天才!

人見知りな種崎敦美さんですが、本業である声優の仕事になるとキャラに憑依したかのような演技をすることで有名です。人によっては女性版山寺宏一とも言われるそうです。

世間の声を拾っても、「種崎敦美さんの声幅の使い分けがすごい」や「演技が凄すぎてびっくりする」

と言った声が多く聴かれていますね。

例えば種崎敦美さんの演じたキャラクターで比較すると

Dr.STONEの花田仁姫であれば

柔道選手と活躍しており、声が少し低く、ハキハキと話すキャラクターです。

一方でSPY×FAMILYのアーニャ・フォージャーでは、

幼さと無邪気さが溢れた演技で、見た目からしてかわいいキャラクターです。

この二つのキャラクターを比べると、キャラクターの声や演技力の幅の凄さがわかりますよね。

これは種崎敦美さんが憑依型だからこその演技力や表現力の幅の広さを証明していると思いますね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

種崎敦美さんの出演している動画を見ると確かにコミュ障と思ってしまう言動はあるものの

人見知りであることがわかればそこまで変な感じはしないですね。

演技が上手く、最近の注目されているアニメにも出演しているため、今後の活躍が期待できますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました