植田景子のwiki学歴経歴まとめ!6年間不合格しても諦めなかった宝塚愛

植田景子のwiki学歴経歴まとめ!6年間不合格しても諦めなかった宝塚愛宝塚歌劇団

宝塚歌劇団の演出家である植田景子さんが今話題となっています。

植田景子さんは宝塚歌劇団初の女性演出家だそうです。

植田景子さんはどんな人物なのでしょうか?

今回は植田景子さんの学歴や経歴、家族について調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

植田景子のwiki学歴経歴まとめ

名前:植田景子(うえだ けいこ)

生年月日:1966年2月24日

年齢:57歳

出身地:奈良県大和郡山市

植田景子さんは10歳の時に「ベルサイユのばら」をテレビでみて、

宝塚歌劇団のファンとなったそうです。

そのため、出身地からやや遠い宝塚大劇場に中学生から高校生の頃に通って公演を見ていたようです。

宝塚歌劇団の影響で高校では演劇部部長となり、ミュージカルなどを上演したことがあります。

そんな植田景子さんの学生時代はどんな生活だったのでしょうか?

スポンサーリンク

植田景子の学歴

植田景子さんの学歴を調査した結果、以下のとおりです。

出身小学校:大和郡山市内の小学校

出身中学校:大和郡山市内の中学校

出身高校:奈良女子大学附属高校

出身大学:神戸女学院大学文学部

植田景子さんの出身小学校や中学校は現時点で特定することはできていません。

植田さんの出身が奈良県大和郡山市であるため、市内の小学校や中学校であることは確かだと思います。

出身高校や出身大学については特定されていますのでこれらについてもう少し深掘りしていきたいと思います。

植田景子の出身高校は奈良女子大学附属高校

植田景子さんの出身高校は【奈良県女子大学附属高校】のようです。

奈良県女子大学附属高校

偏差値:43〜54

学部:特進コースI類、特進コースII類、文理コース、標準コース

出身有名人:西田幸治(お笑い芸人・笑い飯)、八嶋智人(俳優)

奈良女子大学大学附属高校は現在【奈良女子大学附属中等教育学校】と名前が変わっており、中高一貫校となっています。

植田景子さんは高校時代、宝塚歌劇団の影響により演劇部に所属され、部長も務めています。

そこでは定期公演などもあり、忠臣蔵のミュージカルを上演したことがあるようです。

植田景子の出身大学は神戸女学院大学文学部

植田景子さんの出身大学は【神戸女学院大学文学部】のようです。

神戸女学院大学文学部

偏差値:50前後

学部:文学部・音楽学部・人間科学部

出身有名人:上西小百合(衆議院議員)・有働由美子(アナウンサー)

植田景子さんは奈良女子大学大学附属高校卒業後、神戸女学院大学文学部へ入学しています。

大学在学中(1987年秋)に宝塚歌劇団の演出家募集があり、応募したそうです。

念願の宝塚歌劇団の職に就けることで息こんで準備をしていたと思いますが、

脚本は無事合格しましたが、面接でネガティブな質問が多くそれにより不合格となったようです。

大学卒業後は上京し、演出家である篠崎光正のもとで3年間学び、その後ニューヨークやロンドンにも留学をしたようです。

上京や留学の6年間の間に宝塚歌劇団の受験を繰り返し受けており、1993年5回目の受験で無事合格。

宝塚歌劇団初の女性演出助手となっています。

スポンサーリンク

植田景子の経歴

植田景子さんの経歴を調査した結果、以下のとおりとなります。

1998年 宝塚バウホールで「lcarus」演出家デビュー

2000年 「ー夢と孤独の果てに」ルートヴィヒⅡ世」で大劇場デビュー

2003年 1年間文化庁芸術家海外留学制度でロンドンとハンブルクに演劇留学

2010年 「Can you Dream?ー夢を生きるー」は発売

植田景子さんは1998年の「lcarus」で演出家デビューを飾っています。

その後、2000年に「ー夢と孤独の果てに」ルートヴィヒⅡ世」で大劇場デビューで大劇場デビューをしています。

2005年には宝塚歌劇団外の作品演出も行うようになります。

留学後で宝塚歌劇団以外の演出であったこともあり、演劇留学で学んだことをブロードウエーミュージカルに活かすことができたと思われます。

2010年に「Can you Dream?ー夢を生きるー」は発売。

演出家の業績を評価され、【2018年にエイボン女性年度賞2018 芸術賞】を受賞しています。

植田景子の大劇場作品を紹介

宝塚ミュージカルロマン『―夢と孤独の果てに― ルードヴィヒII世』(2000年 – 2001年 花組 主演:愛華みれ)*大劇場デビュー作
ニュー・ミュージカル『シニョール ドン・ファン』(2003年 月組 主演:紫吹淳)
宝塚ミュージカル・ロマン『落陽のパレルモ』(2005年 – 2006年 花組 主演:春野寿美礼)
Musical『堕天使の涙』(2006年 雪組 主演:朝海ひかる)
Musical entertainment 『Paradise Prince』(2008年 宙組 主演:大和悠河)
Musical『My dear New Orleans-愛する我が街-』(2009年 星組 主演:安蘭けい)
Musical『ハプスブルクの宝剣-魂に宿る光-』(2010年 星組 主演:柚希礼音)
Musical『クラシコ・イタリアーノ -最高の男の仕立て方-』(2011年 宙組 主演:大空祐飛)
Musical『愛と革命の詩 -アンドレア・シェニエ-』(2013年 花組 主演:蘭寿とむ)
Musical『The Lost Glory – 美しき幻影 -』(2014年 星組 主演:轟悠、柚希礼音)
Musical『舞音 -MANON-』(2015年 – 2016年 月組 主演:龍真咲)
Musical『A Fairy Tale —青い薔薇の精—』(2019年 花組 主演:明日海りお)

現在も宝塚歌劇団の演出家として活動をしており、宝塚歌劇団を支えている人物の1人と言えるでしょう!

スポンサーリンク

植田景子の家族は?夫や子供はいるのか?

植田景子さんの家族について調査をした結果、【結婚はせず独身】のようです。

そのため、結婚している夫や子供はいないですね。

元宝塚歌劇団理事長で演出家であった植田紳爾と同性であるため、

孫と間違われるようですが、血縁関係はないです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は宝塚歌劇団の演出家である植田景子さんの学歴や経歴、家族についてまとめていきました。

まだまだ現役の演出家であるため、今後の活躍も期待ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました